防水工事

最適な防水工事を提案します

防水工事には様々な種類の工法があります。それぞれ長所と短所があり、価格や耐久年数など多くの違いがあります。当社では、お客様の建物に合った防水工事を企画、提案いたします。

アスファルト防水

アスファルト防水とは

アスファルト防水とは?

アスファルト防水とは、合成繊維不織布にアスファルトを含ませコーティングした、シート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法です。ルーフィングを積層することにより、水密性に優れた防水層が構成されます。防水層が厚く連続しているため、施工のばらつきが少なく、信頼性の高い工法です。

熱工法
ルーフィング防水
アスファルト系で形成された屋根材を使用した防水方法です。
トーチ工法
トーチ工法
シートの裏面と下地を、バーナーであぶり溶かしながら貼り付けます。密着工法と絶縁工法があります。
常温工法
常温工法
液状のアスファルト材を用い、ルーフィングを複数枚交互に積層して貼り合わせます。接着工法と絶縁工法があります。
推奨施工箇所
屋根・屋上
長所
対抗年数が長い・施工が早い

塩ビ防水

塩ビ防水とは

塩ビ防水とは?

塩化ビニル樹脂系のシート状の材料1枚で構成された防水層です。屋外での日光による紫外線、熱、オゾンに対し優れた耐久性を持っています。塩ビシートは素材自体が予めカラフルに着色され高い耐久性があるため、防水層のメンテナンスとして一般的な保護塗装が原則不要になり維持管理費も節約することができます。
下地の種類や状態、使用される用途によって接着工法と機械的固定工法があります。

塩ビ防水
機械固定式塩ビ防水
塩ビ防水
階段塩ビシート
推奨施工箇所
屋上・共用階段・廊下・バルコニー
長所
高級感・施工が早い

ウレタン塗膜防水

ウレタン塗膜防水とは

ウレタン塗膜防水とは?

ウレタン防水は、ポリイソシアネートを主成分とする主剤と、ポリオールを主成分とする硬化剤を撹拌して塗膜する防水法です。
下地の形状に馴染みやすく水密性が高い連続皮膜が得られるのが特徴で下地に塗るだけで防水層を形成します。ウレタンは不定形材料のため、施工場所の形状が複雑でも、簡単かつ確実に施工できるのが特徴で、しかも軽量です。施工場所に物があっても、別素材の旧防水層があっても、その上から施工できます。
材料を塗るだけなので改修工事として簡単な工事であり、工期も短く済み、コストも全面改修に比べ半分以下で済みます。

ウレタン塗膜防水1
ウレタン塗膜防水2
通気緩衝工法
ウレタン塗膜防水3
推奨施工箇所
屋上・バルコニー
長所
液体状の為、各形状に合わせて施工可能
塗り重ねが出来る

リムスプレー

リムスプレーとは

リムスプレーとは?

『リムスプレー』は超速硬化ウレタンウレア吹付システムを採用した防水工法です。特殊なウレタンウレア樹脂を吹付けることで瞬時に硬化します。吹き付け後は約10秒で指触OK、約15分で歩行OK、30分で実用レベルの強度を発現し、かつ短工期が特長です。

スプレー防水
リムスプレー1
リムスプレー2
リムスプレー3
推奨施工箇所
廊下・バルコニー・階段
長所
住民の生活に支障を与えない施工時間

FRP防水

FRP防水とは

FRP防水とは?

FRPとは繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforceed Plastics)の略称でプラスチック材料の中で耐衝撃性に強く、耐水性や成形性がよいところから建物の防水材では木造住宅や駐車場などに成形品ではボート自動車のボディパーツ、浄化槽、バスタブ、ヘルメット、船など幅広く利用されてます。

FRP防水1
FRP防水2
FRP防水3
工区施工後
推奨施工箇所
廊下・バルコニー・階段・駐車場
長所
塩害・火・バクテリアなどに強く、対抗年数も長い

シーリング

シーリングとは

シーリングとは?

建物の部材と部材の接合部の目地や建物の窓硝子やサッシの周囲にシーリング材(ゴム状のもの)を充填し、目地部から水の侵入・空気の通過を防止するために行う工事です。
充填されたシーリング材が、水密性・機密性を確保して漏水を防ぐことを目的としています。

シーリング1
シーリング2
シーリング3
シーリング4
推奨施工箇所
外壁目地・サッシ廻り・各所取合い
長所
液体状の為、どの形状にも対応出来る

ライニング

ライニングとは

ライニングとは?

主にコンクリート製タンク(PCタンク・RCタンク等)の内面ライニング(防食・防水)として構造物を長期的に保護するために用いる工事です。

ライニング1
ライニング2
ライニング3
ライニング4